Entry

OnTalk

スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー スーパーコピー

OnTalkで分岐させると、全トーク中からランダムなトークの分岐ができます。

# 【例】1/2の確率で食べ物トーク
*OnTalk
>(R1)【タブ】(R0)
$テスト変数=(乱数1~2)
>食べ物のトーク【タブ】(テスト変数)==1
()

*食べ物のトーク
:ご飯大好き
# 【例】選択肢付き
# 「食べ物トークして」と言われた場合に1/2の確率で食べ物トーク
*食べ物トークして
$食物=1
:わかったよ。

*食べ物トークしないで
$食物=0
:わかったよ。

*OnTalk
>(R1)【タブ】(R0)
$テスト変数=(乱数1~2)
>食べ物のトーク【タブ】(テスト変数)==1&&(食物)==1
()

>食べ物のトーク【タブ】(乱数1~2)==1
と書いたら動かなかった。

# 【例】1/10の確率でイベント日のトークをする
*OnTalk
>(R1)【タブ】(R0)
$テスト変数=(乱数1~10)
>イベント日トーク【タブ】(テスト変数)==1
()

*イベント日トーク
()
#↑当日イベント日ではない時にランダムトークをする

*イベント日トーク【タブ】5月5日==(現在月)月(現在日)日
:こどもの日だから柏餅食べたい!!

*イベント日トーク【タブ】12月24日==(現在月)月(現在日)日
:イブだからチキン食べたい!!

OnTalkに仕込む利点は、
  *【タブ】5月5日==(現在月)月(現在日)日
  :こどもの日だから柏餅食べたい!!
と書くと「1/全トーク数」という低い割合で喋るのに対し、1/10と比較的高い割合でイベント日のトークをしてくれること。



link
駄でべろぱ>畝傍>里々における季節の自動判定、季節トークの呼出し(例は梅雨の時期にのみ特定のトーク)

Page

  • Newer
  • Older

Utility